絵のうでを上げる!

Sponsored Link

現在のカチェトナ

みなさん、こんばんは(*´▽`*)
いつのまにか3日も過ぎてびっくりしました。

カチェトナは、今後の進退を決定する怒涛の1週間を終え、
ひとまず2か月先までの生計の見通しが立ち、ほっと一息ついたところです。

今日締め切りの原稿も提出し、残すはあと1本。
10冊くらい本読んで、面白かったけどちょいと疲れました。笑

ライターのお仕事について思ふ

カチェトナは昔から、作文に困ったことがなくて、むしろ大好きだったんですが…

ブログ書くのも楽しいんですが…

大人になってお仕事で文章を扱うようになると、

「いい文を書きたい!中途半端なことしたくない!」

という自らに課したプレッシャーで締め切り前にものすごくストレスを抱えます。笑

枕にバフってしばらくうずくまったり
片づけ始めたり
なくしてたもの探し始めたり
チョコレート食べ続けたり…

あぐらをかいて、片足立てて、とんでもない姿勢でぬいぐるみの鼻をこすりながら書き続けているのです。笑

(ひいてもいいです)

「わし、書くの好きなんか?書くことに重きを置いて仕事探ししていいんか?」

と疑問がわいてしまいましたが、我慢できないほどのことでなければ、何ごとも少し様子を見てみるのが大事だから、も少し続けてみようっと。

悲報

そうそう、カチェトナがてんやわんやし始めたちょうど1週間前。

悲しいことに、シェアハウスの防音室が使用禁止になってしまいました。

これでもう歌えない。

いつまでかな…

もちろん、感染拡大防止のために必要な措置なのは重々わかりますが、ちょっぴりショックでした。

水彩画やればいいじゃん!

わっはっは

それ見たことかコロナちゃんよ。

カチェトナは、常にやりたいことがたっくさんあって順番待ちしてるくらいなのだよ。

歌がダメなら、絵だ~(*´▽`*)

久しぶりに描きたい!描きたい!描きたい!

そうして真夜中にむくりと起き上がったカチェトナは、久しぶりにスケッチブックを開きました。

絵の技術を上げたい

カチェトナ、昔から絵を描くの好きで…

高校生くらいから全く描いてなかったのを、25歳の時に再開したのです。

「あれっ?結構いいの描ける!まだ描ける!」

当時の仕事のうっぷんをぶつけて笑、想像力のままに色んなものを描きました。笑
カチェトナ美術館ご参照。)

カチェトナの武器は、想像力と、自由な色使いと、ひたすらの模写。
これだけで絵を素敵に仕上げようとしてきたのです。

ひたすら同じように描いてみるのは大事だし、いいものはできて嬉しいのですが、いかんせん時間がかかりすぎる。
エネルギーをはんぱなく奪われるし、手順も知らずに模写してるだけだと、やっぱりどうも難しい表現っていうのがあるんです。

「自分には技術が足りないなあ。もう少しやり方習ってみたい…」

以前からそんなことを思っていました。

セニョール・シバサキの水彩画講座

そしてカチェトナは見つけたのです!

こんな素敵なYouTube動画を!

(勝手にセニョール・シバサキと呼んでますがお許しください。笑)

 

「うわあ、オーロラっていいなあ、どうやって描くんだろう」

と真似して描き始め…

「ん~、これ合ってるのかな、とにかく頑張ってついていこう」

と色を大胆に載せ続けました。

2週間と5日ぶりの絵筆が嬉しくて×100

スピーディーに色を重ねていきました(*´▽`*)

 

全体像が見えるまで、この絵がどこに向かってるのかいまいちわかりませんでした。笑

 

しかし、真似して描くこと約40分。

 

「で、でけた!( ゚Д゚)どうやって描いたかよく分からんが、オーロラ描けた!」

もう、久しぶりに絵描いたのも、こんなに早く仕上がったのも、描き方のわからなかったオーロラが描けたのにも感激!!

すごい!柴崎さん、ありがとうございます(▽≦)

(そして柴崎さんが使っておられる”透明水彩”という画材に、がぜん興味が湧いてしまった…)

止まらぬ制作意欲

思えばカチェトナ、こうやって人が描いてるのをみながら描いたことなかったんですが、これが楽しい!!!

見よう見まねでやってると、いつのまにか絵ができてる!!

オーロラに味をしめたカチェトナは、またも柴崎さんの動画を見ながら、続いてキウイフルーツを描きました。
(勝手に花火を散らしました。笑)

「な、なんじゃこりゃ、言うとおりに描いただけなのに、できちゃったよ。影のつけ方って、立体感の出し方ってこうやるんだ!めっちゃ分かりやすい!!!!」

カチェトナ、大興奮で二枚目を仕上げました。

さらに三枚目。
奥へ奥へと連なっていく雲を、柴崎さんに続いて仕上げました。

「物体というのは、遠くのものは下にくるんですよ…」
「青空の青は、遠くであればあるほど色が薄くなります」
「雲の底は、遠くであればあるほど面積が小さくなりますよ」

( ゚Д゚)

なんというお役立ちマメ知識の数々。

そして勝手に出来上がる青空!
(鳥をはばたかせて天からの光を加えました。笑)

 

カチェトナは3時間以内にこの三枚を描き上げてしまえたのです…!!!

なんということでしょう。

柴崎先生っ!!!!

( ゚Д゚)

ちなみに柴咲さん、長年水彩画画家・講師として生きてこられた方なので、技術と教え方に長けていらっしゃるのはもちろんなのですが。

優しくて癒されます。笑

そして、Youtubeを使いこなしていて恐れ入ります。笑

メキシコ人のお友達と情報交換

カチェトナは早速、Instagramに真夜中の投稿三連発を残し…

お馴染みのメキシコ人のお友達、ラウラ&ガビーとやり取り。

「かれん、あの青空の絵とっても素敵、私も描きたい」

とラウラが言うので、セニョール・シバサキの動画URLを送っておきました。

実はこれに先立って、ラウラがとっても素敵なHPを教えてくれていたのです。

Domestika

それがこちら!
Domestika(ドメスティカ)!

オンライン講座で絵の描き方が学べるのですが(全編スペイン語で行われます)…
一通り学べるにも関わらず、コース一つずつのお値段が手頃!!

動画コースを受け持つイラストレーターさんたちは、世界的に有名なファッションブランドや食品会社のパッケージデザインを手掛けているような人たち。

なのに1コース10ドル~20ドル!!!

(*´з`)

HPでコース一覧を見てみたら、水彩画だけで24コースもあってウキウキ。

一通り見ていると、カチェトナはあることに気が付きました。

「んっ。同じ水彩画ジャンルと言えど、スペイン語圏の人々はアーティステックな絵を描くなあモダンな色使いでおしゃれ日本は風景画が多くて、元の色を尊重したような素朴な味わいや柔らかな色使いが多い

( ゚д゚)ハッ!

独自のスタイルへ

カチェトナ、もしも

日本人のスタイルと、スペイン語圏のスタイルを学んで…
元から持っている想像力を駆使して、描きたいものが描けるようになったら…

かなり独自のスタイルに辿り着くんじゃないかっ?!!!

さらに
Photoshopが使えるようになれば

向かうところ敵なし…
(甘くてすみません)

(*’▽’)

と一人で興奮していました。笑

今月が終わるまで、あと12日。
ひとまずYoutubeで一日何枚か描き続け、
来週にはDomestikaの講座も一つ受講開始してみたいと思います(*´▽`*)

明日はラウラ&ガビーと、3週間ぶりのリモートお絵かき大会。
そして夜は大学の友だちと、初めてのオンライン飲み。笑

楽しみな土曜日~(*´▽`*)♪
皆様も素敵な土曜日を!

カチェトナ。

Sponsored Link

2 件のコメント

  • カチェトナさん、こんにちは。
    最近ブログを拝見しております。
    スペイン語が好きでこのブログを見つけました。
    cachetonaって可愛い響きですよね
    ブログ楽しみにしてます!

    • めぐさん、こんにちは!
      わざわざ嬉しいコメント残してくださり、ありがとうございます(*≧∀≦*)
      知り合いしか見ていないと思っていたので、嬉しはずかしです。笑

      スペイン語勉強されてるんですか?
      最近スペイン語の記事書いてなかったので、今日書いてみますね:) !

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です