アフターコロナのお金と経済

Sponsored Link

 

¡Hola a amigos! ¿Cómo están?(*´▽`*)

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日はもう、8月初日にふさわしい、ピッカピカの青空でしたね!!!
洗濯物がすぐ乾いて嬉しい~~~!

8月よ、よくぞいらっしゃいました!!

アフターコロナのお金と経済

さて、タイトルにもさせていただきましたが、

今、世の中のみなさんがとっても気になるであろうテーマ。

「アフターコロナのお金と経済」

 

実はこれ、

元総務大臣などを歴任した竹中平蔵さんのラジオ番組のタイトルなのです!

カチェトナは密かに本田晃一さんという方のファンで、
この方と藤井あやさんが進行役になり、

竹中さん(通称・平ちゃん)の話を聞くという形なのです。

一回10分前後のこの番組、

きっきっ

気づきがありすぎて

面白い!!!!!!!!( Д)

在宅タウンができるかも?

この番組、Himalayaというラジオアプリで第8話まで配信しているのですが、

カチェトナは今日、8話まで一気に聞きました。

目から鱗の情報がいっぱいで、嬉々としてノートにまとめていきました。

たくさんの大事なことをおっしゃっていたのですが、

中でもポイントは、

このコロナと共生すべき時代、産業構造が大きく変化する。
ますますデジタル化が必要不可欠となり、日本は既に遅れている感がある。

ということ。

また、

現在、政府から様々な経済対策案や補助金が出されているが、それを受け取るとともに、その支援が、この先変化した社会で一人一人が生きて行けるようにする方法につながっていなければならない。

ということでした。

 

カチェトナが特に面白いと思ったのは、

第4話「真剣にテールリスクと向き合う」という話。

テールリスク(細いリスク)とは、
大地震、テロ、大流行病など、めったに起こらないけど起きると大変なことになるリスクのこと。

このリスクを下げるには、
できるだけ郊外に住んで出社しない生き方の模索が必要となってくる可能性があり、

在宅勤務の人が田舎に住むことで、地方に在宅タウンができるかもしれない、
そしてこれが、地方創生につながっていくという話がありました。

 

( Д)

カチェトナが、まさに夢見ていたこと…

少し自然の多いところで、生活に大きな不便がないところで、
リモートワーカーがいっぱいいるような、自由な場所で暮らしたいと思ってたところ…!!

竹中さんレベルの人が、そういうこと考えてるってことは…

実現可能の範囲ってことでは?!!

 

更には、
地方に仕事・自然・美味しいものが既にあるとすれば、
足りないものはwifi環境交通に加えて、アートである、とおっしゃっていて…

「ハイッ!!!ハイッ!!!アート部隊ここにいます!!!」

と目を輝かせ挙手したくなったカチェトナでした(*´▽`*)

なんて面白い観点なんだ~!!!

中国の例

ラジオの中で、デジタル化を着々と進めて軌道に乗せている国の例として、たびたび中国が上がっていました。

SARSやMARSで外出できなくなった中国人は、ここ数年で買い物や郵便などのデジタル化をごりごり進めてきたそうで、あっという間にアリババ社が、もともとあった米国のアプリの売り上げを抜いたそう…

 

丁度、中国人の友だちと散歩していたので、このラジオの内容を話してみたところ…

「うん、日本は多分、デジタル化が中国より5年くらい遅れてると思う」

(ω)

しかも、アリババ社はもともと倒産しかけていた会社なのに、
ネットの買い物アプリで大成功して現在の地位に昇りつめたっていうから、すごい!

更には、詐欺師と勘違いされて投資を全然受けられなかったアリババ社代表と、数分間話しただけで、数億円の投資を決定したのが、ソフトバンクの孫正義さんという話もあり、びっくり!!

 

ちなみに、「在宅タウン」が地方に実現したらいいなあ、という話をしたら…

「中国で何年か前にもう試した。うまくいかなかった。」

との回答…!!

 

「どうして?」

「うーん、医療教育の問題が大きかったみたい。遠隔でも診療や治療はできるかもしれないけど、例えば蛇に噛まれたら急いで処置しなきゃいけないし、そういうのが難しかったのかな。」

「なるほど…じゃあ、そういう応急処置に必要な薬だけ、各村とか、家にあればいいんじゃないの?」

とアイディアが出てきましたが…

うーん、深いなあ…

世の中はどう変わっていくんだろう。

本当にありがたき日々

このラジオ番組、竹中さんの語り口がウィットに富んでいて、思わず吹き出してしまう場面もあるんです。笑

皆さんにもぜひ聴いてみてほしい~(▽≦)

 

カチェトナは、

雇われている時って、本当に真剣にこういうことを考えられなかったのです。

目先のお給料は定期的に入ってくるから。

でも、起業を志してから、

そしてこのラジオを聞いてから、

「この先、人々に必要となるものって、何だ?社会は、生活はどういう風に変わっていくんだ?どんな分野が成長していくんだ?」

と、少しだけ考えるようになりました。

 

現在も起業に向けて、地味な作業を進める毎日ですが、

他のことに加えて、この視点を大切にして、
自分のやることが、自分と他人両方を幸せにする事業であってほしいなと思いました。

 

熱く語ったところで、

本日はおいとまします。

皆様、良い夜をお過ごしください(*´▽`*)

Hasta mañana,

メキシコ感を前面に出してみました。笑

 

カチェトナ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です